簡単な作業

在宅副業のこれまでの変遷

Employer

在宅で作業が可能な副業は古くからあり、江戸時代の侍も仕事のない時は内職のようなことを行っていました。これまでは部屋でできる簡単な作業として、シール貼り、値札付け、ティッシュへ広告を入れる、ダイレクトメールの封筒入れなどが主流でした。これらからわかるように、基本的には誰でもできる単純作業で手先を使う仕事が多いのが在宅副業でした。 インターネットが広く普及するにつれて、在宅での仕事にも変化が生じてきています。システム構築、ロゴデザインの作成、アプリの作成など、より専門的な仕事を在宅で行う人が増えてきたのです。これらの仕事を斡旋しているサイトはクラウドソーシングサイトと呼ばれ、副業する人から人気があります。

今後予測されることとは

在宅でできる副業はインターネットの発達とともに拡大し、現在はクラウドソーシングがその中心となってきています。在宅副業は今後も拡大を続けると予測できます。それは企業がこれまで以上にコスト削減に取り組むため、自社外へのアウトソーシングがさらに活発化する可能性が高いからです。 欧米型の経営手法が浸透するに従い、企業は利益を上げることをさらに求められるようになります。自社で労働力をまかなうよりも、クラウドソーシングなどを利用した方が安価かつ効率的に仕事を進められるシチュエーションが増えてきているのです。また、主婦など働くことについて制限がある人でも、在宅での副業なら時間や場所に縛られないことから、利用者は今後も増加していくでしょう。